2013年07月06日

反日デモ 日本車襲撃の被害者

日本政府が賠償すべき

中国版ツイッターである微博で最新ニュースを伝えるアカウント・網絡新聞聯播はこのほど、2012年9月15日に中国で発生した大規模な反日デモの際、日本車を運転していた中国人男性を襲撃し、重傷を負わせたとして傷害罪などに問われた男性被告に対し、懲役10年の判決が言い渡されたことを伝えた。

被告の弁護士によれば、被告は家が貧しく、賠償を支払う金銭的余裕はないため、被害者の妻は「日本政府が賠償するべきだ」と主張しているという。

【新車】レクサス LS 4WD 4ドア LS600hL エグゼクティブパッケージ(5人乗り) 5人 5000cc ガソリン FCVT≪カーリース≫★カード決済OK★

価格:15,500,000円
(2013/7/6 16:12時点)
感想(0件)





判決について、中国人ネットユーザーからは「被告は故意に人を傷つけたのだから、当然の判決だ。無知の結果だな」、「この被告は考え方が単純で1つのことに固執するタイプだ。こういう奴は釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)に島送りにすれば良いさ」などのコメントが寄せられ、判決は妥当と考えているユーザーが多いようだ。

しかし、被害者の妻が「日本政府が賠償すべき」と主張している点については、「神的論理が出て来たよ。政府なんて権利機構に過ぎず、国を管理しているだけなのに」、「日本政府と何か関係があるか?」、「誰が被害者に日本車を買わせたのか? 問題が起きたからって日本政府と関係があるのか?」など、道理に合わないという意見が多かったが、当然のことだ。日本政府に賠償を求めるという思考回路が理解できない。

日本車襲撃の被害者「日本政府が賠償すべき」=中国版ツイッター
posted by 管理人 at 16:20| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。