2009年11月06日

松井秀、世界一!最多タイ6打点でMVP



ゴジラが伝説を作った。大リーグのワールドシリーズ第6戦はヤンキースが昨季王者のフィリーズを7−3で下し、4勝2敗で9年ぶり27度目の世界王者に輝いた。

松井秀喜外野手(35)は「5番・DH」で4試合ぶりに先発。先制の3号2ランを含む3安打を放ち、シリーズの1試合最多記録に並ぶ6打点と大暴れ。日本人大リーガー初の最優秀選手(MVP)を獲得した。

「今はもう最高。それだけです。信じられない。感無量です。この日のためにチームと頑張ってきましたから」

「世界一になりたくてヤンキースに入った。この1日のためにやってきた。長かったですが、大きな目標を達成できました」と松井秀。

01年以来11月にずれ込んだワールドシリーズの「ミスター・ノーベンバー」(11月男)として、永遠に語り継がれる活躍だった。【sanspo.com】



松井秀、世界一!最多タイ6打点でMVP

最多タイ6打点でMVP.jpg
posted by 管理人 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132150480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。